英会話教室を手掛けるイーオンは2022年7月28日、メタバース上で英会話を学べるオンライン学習サービス「AEON VR」を同8月23日から提供開始すると発表した。空港での入国審査やホテルのチェックインなどをVR(仮想現実)技術で再現し、英語を使用する状況を疑似体験できる。

 AEON VRはイーオンの教師と最大6人の参加者が仮想空間内で英会話を学べるサービスだ。海外旅行で役立つ英会話や、海外で生活する上で必要な英会話の学習に応じた約40の状況を再現する。受講には無線LAN環境と、米Meta Platforms(メタ・プラットフォームズ)のVRゴーグル「Meta Quest 2」が必要である。

 VRでの学習用コンテンツはイーオンと米Immerse(イマース)が共同で開発した。イマースは英語教育に特化したVRプラットフォームを提供している。2021年12月にAEON VRのパイロット版を提供済み。学習効果を高める予習用の動画や復習用のコンテンツを追加し、本格提供を始める。