レノボ・ジャパンは2021年7月29日、ICT教育分野の新製品を発表した。教育分野でのICT活用を巡っては、政府のGIGAスクール構想により小中学生への「1人1台」の端末配布が完了している。全国各地の学校でそれらの端末の活用を促すため、パートナー企業との協業でプログラミング教材などを販売する。

 プログラミング教材の新製品として、東京書籍と共同開発した「みんなでプログラミング」の有償版を発表した。これまで提供してきた小学生向けの無償版は、100万IDが登録するなど好評だったといい、中高生向けの教材などを追加した。小中高の教材を1つのパッケージとすることで、高校生が小学生向けの教材で基礎を学んだり、小中高にまたがる学習に活用したりできるとしている。

 教材の内容は、小中高で順次切り替え中の新学習指導要領に準拠した。無償版のブロック・プログラミング教材に加え、有償版ではデータ分析や情報モラル、AI(人工知能)活用の教材を追加。高校生向けではWebやAI開発で利用が拡大しているプログラミング言語のPythonの教材を含めており、生徒がPythonを使ってアルゴリズムやシミュレーションを学べるとする。

小中学生向け教材の概要。有償版でデータ分析や情報モラル、AIの教材を追加した
小中学生向け教材の概要。有償版でデータ分析や情報モラル、AIの教材を追加した
(出所:レノボ・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]
高校生向け教材の概要。Pythonのプログラミングを学べる
高校生向け教材の概要。Pythonのプログラミングを学べる
(出所:レノボ・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。