「聴覚障害を持つ人と健常者が共に楽しめる社会を作る」。富士通の本多達也スポーツ・文化イベントビジネス推進本部企画統括部Ontennaプロジェクトリーダーはこう力を込めた。

富士通の本多達也スポーツ・文化イベントビジネス推進本部企画統括部Ontennaプロジェクトリーダー
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は2019年6月11日、聴覚障害を持つ人向けに周囲の音を振動や光に変換して伝えるウエラブルデバイス「Ontenna(オンテナ)」を使ったサービスを開始すると発表した。スポーツ団体や自治体に向け、イベントなどでOntennaを貸し出したり当日の運用を支援したりする。Ontennaの製造元である富士通エレクトロニクスを通じて通信販売も始める。

「音」を256段階の振動と光で伝える

 Ontennaは60~90デシベルの「音」を「振動と光」にリアルタイムに変換する。振動の強弱と光の強弱は連動していて、256段階あるという。同様のデバイスは珍しい。

 長さ約6センチ、重さ25グラムのきょう体にはクリップが付いていて、ヘアピンのように髪の毛に装着したり洋服の襟や袖に挟んだりして使う。言葉や音楽といった音の内容そのものは伝えず、あくまで音が発生していることを伝える。そうした意味で本多プロジェクトリーダーはOntennaを、使用者が振動や光の変化を通じて「音を感じる」デバイスと表現する。

Ontennaは音の強さやリズムを振動と光で伝える(左)、ヘアクリップのように装着できる(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 きょう体の側部にあるスイッチで「スマートモード」に切り替わる。スマートモードでは、マイクが付いた端末「コントローラー」と通信できるようになり、コントローラーのマイクが感知した音の強弱やリズムを半径50メートル以内にある複数のOntennaに同時に伝えられる。例えば卓球の試合で卓球台の近くにコントローラーを置くと、選手がボールを打ち合う音を観客席にいる複数人のOntenna装着者に伝えられる。

 コントローラーのボタンで複数のOntennaを振動させることも可能だ。楽器の演奏指導でリズムを伝える際などに役立つという。

 富士通は2015年度に本多プロジェクトリーダーが中心となってOntennaの研究を始め、ろう学校やコンサート会場などで実証を重ねてきた。「耳が聞こえない子どもは積極的に声を出さないことがあるが、Ontennaを使うと自分の声を振動を通じて認識できるので積極的に声を出すようになった」「楽器の演奏やダンスで他人と合わせる楽しさを感じてもらえた」「文章には言葉と言葉の間隔やリズムがあると伝えられた」――。こうした現場の意見を得ながら改良を重ね、サービス開始に至ったという。

Ontennaの実証の例
(出所:富士通)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。