NTTデータは2022年7月29日、セールスフォース・ジャパンのSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)「Salesforce」上で、ゼンリン住宅地図データを使えるようにする新アプリの提供を始めると発表した。NTTデータによると、オリックス銀行が同年8月から新アプリを導入するという。

 ゼンリン住宅地図データとはゼンリンが提供する地図データで、建物の名称、居住者名などを収録している。NTTデータの新アプリ「Location Manager」はゼンリン住宅地図データが保有する情報だけでなく、用途地域、相続税路線価などもSalesforce上に重ねて表示できる。

 ファーストユーザーになるオリックス銀行は新アプリを融資審査業務に活用する見込みだ。同社が蓄積してきた物件価格や賃料、管理状況などの不動産情報を可視化し、不動産価値の算出などに生かす。

 NTTデータは他の利用例として、地図上にユーザー企業の店舗や競合店舗を展開して商圏が重ならない土地を確認することで、店舗の出店や統廃合を検討するシーンも挙げている。