NTT東日本は通信速度が最大10ギガビット/秒の光回線サービス「フレッツ 光クロス」の料金を2022年9月1日から引き下げる。これまで東京の一部に限定していた提供エリアも9月1日以降は神奈川県や千葉県、埼玉県に拡大する。同社の渋谷直樹社長が2022年8月1日までに日経クロステックのインタビューに応じ、明らかにした。

 現在、月額6930円(税込み、以下同じ)で提供しているフレッツ 光クロスの利用料金(ISP料金などを除く)を9月1日から月額6050円に改定する。10ギガビット/秒と高速な光回線サービスはソニーネットワークコミュニケーションズやKDDIなども提供しており、値下げで競争力を高める。

 9月1日以降は戸建て向けだけでなく、集合住宅向けにも同料金で提供を開始する。提供エリアは神奈川県や千葉県、埼玉県の一部のほか、今後は札幌や仙台など政令指定都市への拡大も検討している。これらの取り組みにより、「2027年度までにフレッツ 光クロスだけで100万契約を上積みしたい」(渋谷社長)と意気込む。

 同社はフレッツ 光クロスを光回線の卸提供サービス「光コラボレーションモデル」としても展開する。今回の値下げや提供エリアの拡大は、同モデルを活用するNTTドコモやソフトバンクなどの光回線サービスでも同時期に反映される見通し。

 最近では4Gや5G、BWA(広帯域移動無線アクセス)、ローカル5Gといったモバイル回線を活用した高速インターネット接続サービスも増えてきた。光回線は無線系に比べ低遅延で安定して高速に通信できる点を訴求し、契約数の拡大につなげる考え。