米アドビ(Adobe)の日本法人であるアドビ システムズは2019年7月24日、都内でビジネス向けイベント「Adobe Symposium 2019」を開催した。基調講演では2019年3月に米ラスベガスで開催された「Adobe Summit 2019」におけるキーワード「顧客体験マネジメント(CXM)」を中心に、企業向け製品の最新動向が語られた。

「CXM」により何億もの客を唯一の客のように扱える

 基調講演には米アドビのシャンタヌ・ナラヤンCEO(最高経営責任者)が登壇した(写真1)。日本法人社長のジェームズ・マクリディ氏とともに、7月18日に京都アニメーションで起きた放火事件の犠牲者に哀悼の意を表し、「京アニが1日も早く立ち直れることを祈っている」(ナラヤンCEO)と述べ、アドビとして支援することを約束した(写真2写真3)。

写真1●米アドビのシャンタヌ・ナラヤン会長兼社長兼CEO(最高経営責任者)
(撮影:山口健太、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●アドビ システムズのジェームズ・マクリディ社長。日本及びAPAC(アジア太平洋地域)代表も務める。
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●京アニへの支援を表明
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。