ソニーモバイルコミュニケーションズは2020年8月18日、SIMロックフリーのスマートフォン新製品として「Xperia 1 II」など3機種を発表した。有償の保証サービスと合わせて、国内SIMフリースマホ市場に本格参入する。

ソニーモバイルがSIMロックフリーXperiaを3機種投入
(出所:ソニーモバイルコミュニケーションズ、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

プロ仕様モデルをきっかけにSIMフリー本格参入

 これまでキャリア向け製品を中心に展開してきたソニーモバイルは、2019年10月にプロ仕様モデル「Xperia 1 Professional Edition」をSIMロックフリーで発売。購入者の8割がSIMロックフリーであることを購入理由に挙げるなど好評を得た。

購入理由は「SIMロックフリーだから」が最多
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーモバイルはこの反応を踏まえ、5G対応の「Xperia 1 II」、4G対応の「Xperia 1」、「Xperia 5」の3機種をSIMロックフリーで発売する。ソニーストアでの直販に加え、一部量販店やECサイトにも販路を拡大。先行予約は2020年8月18日より受け付ける。

国内SIMフリー市場に新たに3機種を投入
[画像のクリックで拡大表示]

デュアルSIMを搭載、メモリーやストレージを強化

 今回投入する3機種のSIMロックフリーは、いずれもデュアルSIMに対応。プライベートと仕事で2つのSIMを使い分けるなど、国内向けに新たな使い方を提案していくという。2枚目のSIMはmicroSDとの排他利用となる。対応バンドも拡大し、国内の通信事業者で幅広く利用できる。

 SIMロックフリー版ではメモリーやストレージを増量するなど、基本性能も向上させた。フルセグはいずれのモデルも非対応となっている。

 SIMロックフリー版の「Xperia 1 II」(XQ-AT42)は、国内キャリアによる5G通信に対応。デュアルSIMは5Gと4Gの組み合わせに対応する。

SIMロックフリー版「Xperia 1 II」(XQ-AT42)
[画像のクリックで拡大表示]

 メモリーは12ギガバイト、ストレージは256ギガバイトを搭載し、キャリア版の8ギガ/128ギガバイトから増量した。キャリア版ではアップデートとして提供されたカメラアプリ「Photography Pro」をプリインストールし、RAW撮影にも標準で対応する。

 本体カラーはホワイト、パープルに加え、SIMロックフリー版の限定色として「フロストブラック」を投入する。キャリア版の光沢のあるブラック色とは異なり、マットな質感のすりガラス調としている。市場推定価格は12万4000円前後(税別)で、2020年10月30日に発売する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。