米Microsoft(マイクロソフト)は2021年8月19日(現地時間)、同社が提供する仮想デスクトップサービスのAzure Virtual Desktop(AVD)上でWindows 11のプレビュー版の提供を開始した。「Azure Marketplace」を通じて提供される。Windows 11のプレビュー版を利用するライセンス料は不要で、Azureサブスクリプションを持っているすべてのユーザーが利用できる。

 日本マイクロソフトによれば、「AVDのTrusted Launchを利用して仮想マシンのTPM 2.0とUEFIセキュアブートを有効にすれば、Windows 11のセキュリティー機能を最大限利用できる」としている。TPM 2.0とUEFIセキュアブートに対応しないローカルの機器でもこれらの機能を体験できる。

 Azure Marketplaceでは、Windows 11のプレビュー版を「Windows 11 Enterprise」、「Windows 11 Enterprise multi-session」、「Windows 11 Enterprise multi-session + Microsoft 365 Apps」の3つの中から選択できる。複数のユーザーで仮想マシンを共有できるマルチセッションにも対応する。