COBOLプログラムの保守・運用に悩むユーザーは多い。システムを保守する人材が高齢化し、COBOLプログラムが稼働するメインフレームはコスト高だ。日経 xTECHが2019年3月に実施した「COBOLに関する実態調査」では、ユーザー企業に所属する約3人に1人が「COBOLで開発したシステムを稼働させるハードウエアが高い」ことをCOBOLの短所に挙げている。

 COBOLプログラムを稼働させるハードウエアの保守・運用には多大なコストが発生するのが一般的だった。ところが、最新技術の活用でこの状況を改善できる可能性が出てきた。それが、フランスのブルーエイジ(Blu Age)が手掛けるサービス「Serverless COBOL for AWS」である。国内ではアクセンチュアが2019年7月から、本サービスを使ったマイグレーションサービスを提供する。

 ブルーエイジは、COBOLやPL/I、RPGなどで記述されたプログラムを解析したり、マイグレーションしたりするツールなどを開発・販売するITベンダーだ。Serverless COBOL for AWSは、「AWS Lambda」を使って既存のCOBOLシステムをサーバーレス環境で動かせるようにするサービスである。

 AWS Lambdaは、米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)の「Amazon Web Services(AWS)」で提供されているサービスの1つ。基本的には、イベント(データ格納や通知の受信など)の発生やスケジューラーをトリガーにJavaやPythonなどで書いたプログラムをサーバーレスで実行するものだ。

 サーバーレスの処理は、プログラムが稼働するときだけサーバーが立ち上がり処理を行う。処理時間にしか課金されないためコスト効率に優れている。COBOLシステムをサーバーレスに移行できれば、メインフレームの維持に費やしていたコストの削減が見込める。ブルーエイジのシニアソフトウエアアーキテクト、ティエリ・マソン氏は、「メインフレームでCOBOLシステムを動かすのに比べて、8割ほどの保守・運用コスト削減を見込める」と自信を見せる。

仏ブルーエイジのクレモン・ディベーフ氏(左)とティエリ・マソン氏(中央)、アクセンチュアの中野恭秀氏(右)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。