米Microsoft(マイクロソフト)は2021年8月31日(現地時間)、同社が提供するWindows OS(基本ソフト)の最新版「Windows 11」を、10月5日にリリースすると発表した。同OSがプリインストールされたパソコンが購入可能になるほか、対象となるWindows 10搭載パソコンは無料で更新できる。ただし同社が更新データを一斉配信するのではなく、ハードウエアの適格性や信頼性、デバイスの使用年数などを考慮して、段階的に展開していくという。

 Windows 11はこれまでのOSと比べてデザインやユーザーインターフェースを大きく変更した。例えば従来は画面左下にあった「スタートメニュー」を画面中央に配置したり、タスクバーのアプリケーションアイコンも中央に寄せて表示したりといった具合だ。

 また、クラウドサービスとの連携を一段と進め、端末の種類を問わずコンテンツにアクセスしやすくしているのもポイントだ。スマートフォンなどで表示・操作していたファイルは「Microsoft 365」を介してパソコンのスタートメニューに表示できるようにした。このほかチャットツール「Microsoft Teams」をタスクバーに統合して専用アプリを起動せずに操作することも可能だ。なお、マイクロソフトが2021年6月のWindows 11発表時に明らかにしていた米Google(グーグル)のOS「Android」向けアプリの配信については、今後数カ月の間にプレビューを開始する予定だという。