TVerは2021年9月7日、民放公式テレビポータル「TVer」の運用型広告「TVer広告」において、広告の配信先となる動画コンテンツのカテゴリーをより細かい単位で指定できるようにしたと発表した。今までのメインカテゴリーに加えて、サブカテゴリーでの指定を可能にした。

 これまでも「ドラマ」「バラエティ」といった単位でのカテゴリー指定は可能だったが、それ以上のさらに細かな粒度での指定には対応していなかった。今回、「恋愛」「サスペンス」などのサブカテゴリーの指定を可能にして、広告主がより細かい単位でターゲットとする特定カテゴリーの視聴者向けの動画コンテンツに広告を配信できるようにした。

 動画コンテンツのカテゴリー指定は、他のターゲティングの要素と組み合わせて設定することも可能。TVerは、「今後も広告主の課題にしっかり応えられるよう、TVer広告をはじめする広告ソリューションの開発にまい進する」としている。

発表資料