日立製作所は2020年9月8日、クラウドへの移行、構築・運用の支援を強化する2つの新サービスを発表した。10月1日に開始する「Hitachi Managed VMware Cloud on AWS」は、AWS(Amazon Web Services)上でVMware製品をマネージドサービスとして提供するソリューション。基幹系システム向けサービスとして「エンタープライズクラウドサービス G2」をメニューに追加、本日より提供開始する。

日立製作所が提供するクラウド関連サービスの概要
(出所:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 AWSには既に、VMwareが自社製品をマネージドサービスとして提供する「VMware Cloud on AWS」がある。日立の新サービスは、VMware Cloud on AWSに加えて、オンプレミス環境にあるシステムをこの基盤に移行する支援や、移行後の監視などをまとめて提供する。

 VMware Cloud on AWSに移行したシステムは、データウエアハウス「Amazon Redshift」といったAWSが提供するサービスと連携させやすい。日立製作所 サービス&プラットフォームビジネスユニット IoT・クラウドサービス事業部の見方享二基盤開発本部長は、「VMware Cloud on AWSだけでなく、AWS提供のクラウドネイティブサービスを含め、日立がワンストップで環境構築や監視などを行う」と新サービスの利点を話す。

 エンタープライズクラウドサービス G2は、日立のデータセンターから提供するクラウドサービスの新版だ。ユーザーが自由に構成を選べるものの従来版ではネットワークなどに制約があった。新版で制約を撤廃すると同時に、「VMware Cloud Verified」認証を取得。政府情報システムのためのセキュリティー評価制度(ISMAP)認証の取得を予定するなど、セキュリティー面も強化する計画である。

 同社サービス&プラットフォームビジネスユニットでは、これまでのクラウド活用の知見を生かすべく「クラウドCoE」と呼ぶ組織を設立。コンサルティングやソリューションの体系化や、パートナーと連携してクラウドエンジニアの育成などに取り組んできた。

 クラウドCoEは現在、その発展形と言える「Software CoE」に含まれている。その理由を日立製作所 サービス&プラットフォームビジネスユニットの加藤明Software CoE本部長は「DXの推進に当たり、既存の基幹システムの活用を含めてソフトウエアの重要性が高まってきたから」と説明する。

 サービス&プラットフォームビジネスユニットには、Software CoEのほかに、同社のIoTプラットフォーム「Lumada」活用を支援する「Lumada CoE」がある。2つのCoEを連携し、様々なクラウド上でLumadaの活用を進めるシナリオも、同社の最新のクラウド戦略の一環と言える。