キヤノンITソリューションズは2021年9月22日、IR(Institutional Research、インスティテューショナル・リサーチ)システムの構築を支援する新サービス「in Campus IR」を発表した。主に大学などの教育機関に向けて2021年11月下旬から提供する。提供中の教育支援情報プラットフォーム「in Campus シリーズ」に追加する。IRは教育機関の経営改善や学生の学修支援のために、学内のデータを収集・分析して施策を実行したり、検証したりする活動を指す。

 in Campus IRは学生の学修情報や入試・就職情報、施設利用状況などの学内にあるデータを専用データベースに蓄積する。これらのデータを分析してダッシュボードで可視化する。改善施策の分析や仮説の立案、効果の測定などに活用できる。また学生に対して、学修状況をフィードバックしたり、個別に指導したりする際にも活用できるという。

 in Campus IRの主な柱には、「基本導入サービス」「データ連携サービス」「ダッシュボード作成サービス」「業務支援・コンサルティングサービス」の4つがある。基本導入サービスには専用データベースの構築や標準ダッシュボードの作成などが含まれる。他の3つのサービスは、基本導入サービスに必要があれば加える。

 「データ連携サービス」は専用データベースと既に学内に存在するデータなどを連携する。データの抽出やクレンジング、取り込みといった処理をするシステムを構築する。「ダッシュボード作成サービス」は標準ダッシュボードの他に必要なダッシュボードを作成する。作成時に必要なデータマートも構築する。「業務支援・コンサルティングサービス」は収集したデータの分析などを支援する。