NTT東日本子会社のNTTタウンページは2019年9月4日、中小企業や個人事業主向けにWebサイトを起点とした販促を支援する新サービスを同日から提供すると発表した。Webサイト作成サービスを展開するイスラエルWix.comと共同で提供する。電話帳広告を掲載しているNTTタウンページの既存顧客を対象に販売し、今後1年間で1万件の契約獲得を目指す。

NTTタウンページの酒井紀雄社長(左)とWix.comのニール・ゾハール社長
[画像のクリックで拡大表示]

 新サービスの名称は「NTTタウンページDigital Lead Powerd by Wix」。NTTタウンページの酒井紀雄社長は「Wix.comの技術力と我々の訪問・電話営業担当者のサポート力を生かして、中小企業のマーケティングを全面支援する。当社としても、単に広告を販売するビジネスモデルからマーケティングを支援するビジネスへと転換することになる」と述べた。

新サービス「NTTタウンページDigital Lead Powerd by Wix」で制作したWebサイトの例
[画像のクリックで拡大表示]

 Webサイトのページ制作や定期的な更新、予約・問い合わせフォームの運用などを一元的に請け負う。WixのWebサイト制作・運用ツールを利用し、NTTタウンページの担当者が顧客の要望に応じてサービス提供する。料金は月額7000円(税別)からで、1年単位の契約が必要になる。

 Wix.comはWebサイトの更新すると数十秒後にグーグルの検索エンジンに内容を反映できるSEO(検索エンジン最適化)技術などで強みを持つ。同社のニール・ゾハール社長は「我々は全世界で約1億6000万ユーザーを抱えており、中小企業や個人事業主の利用も多い。当社もNTTタウンページも中小企業の顧客に重点を置いており、共同事業は成功すると確信している」と述べた。

 世界中でサービスを展開するWix.comが特定の地域で顧客基盤を持つ企業と組むのは初めて。ゾハール社長は「日本の顧客のことはNTTタウンページが一番よく知っている。NTTタウンページやその顧客の意見を聞きながら、我々のサービスを継続的に改善していきたい」と話した。