コンカーは2019年9月9日、みずほフィナンシャルグループ(みずほFG)、DiDiモビリティジャパン、ディーエルジービー、エムティーアイの4社がそれぞれ手掛けるサービスとコンカーの経費精算クラウドサービス「SAP Concur」のシステムを新たに接続し、連携サービスを順次提供すると発表した。

 みずほFGとは、QRコードを使ったスマホ決済サービス「J-Coin Pay」と連携する。まず今冬をめどに、ユーザー企業の社員が交通費などの経費をSAP Concurで申告した際、ユーザー企業が社員に対して精算額をJ-Coin Payで支払えるようにする。次いで2020年度に、店舗や交通機関などの利用時に社員がJ-Coin Payを使って料金を支払えるようにする。

 DiDiモビリティジャパンとは2019年内をめどに、ユーザー企業の社員がタクシー配車サービス「DiDi」を利用した際、運賃や乗降場所、有料道路の利用の有無などの実績データと領収書の電子データをSAP Concurへ伝送できるようにする。ディーエルジービーとも今冬に、空港とホテルなどとの間の送迎車両手配サービス「SmartRyde」について、同様に実績データと領収書の電子データをSAP Concurへ伝送可能にする予定だ。エムティーアイとは、同社が2020年春にサービス開始予定のプリペイド方式のコーポレートカードサービス「FEEDER法人プリペイドカード(仮称)」において、利用履歴をSAP Concurへ伝送できるようにする。