米Microsoft(マイクロソフト)は2021年10月5日(日本時間)、「Windows 11」のリリースを同日開始したと発表した。Windows 10を搭載した端末のOSを無償でアップグレードするか、Windows 11を搭載した端末を購入するかして入手できる。Windows 11を搭載した端末は10月5日から購入できる。Windows 10からのアップグレードは段階的に実施し、2022年半ばまでには対象となる全ての端末でアップグレードできるようになるという。

 Windows 11へアップグレードするには、利用している端末が同OSの求めるシステム要件を満たしている必要がある。アップグレードしたい端末がシステム要件を満たしているかどうかを確認するツールとして、マイクロソフトは「PC正常性チェック」アプリを無償で提供している。またWindows Updateを利用すると、端末がWindows 11にアップグレードできるようになったら通知を受け取れる。

 ただしWindows 11が求めるシステム要件は比較的高めだ。プロセッサーについては、「動作周波数1ギガヘルツ以上で2コア以上の64ビット互換プロセッサーまたはSystem on a Chip (SoC)」としている。メモリーは4ギガバイト、ストレージは64ギガバイト以上を要求している。映像出力については、DirectX 12以上に対応するグラフィックスカード、ドライバーモデルはWDDM 2.0以上としている。