レコモットは2019年10月1日、クラウド型のビジネスコミュニケーションサービス「Oneder Talk(ワンダートーク)」の提供を開始したと発表した。クラウドアドレス帳、050電話機能、ビジネスチャットを1つのアプリに統合した。モバイルワークやBYODなどに向くという。

050番号を使った電話機能の画面
(出所:レコモット、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社が提供しているMAM(モバイルアプリケーション管理)の「moconavi(モコナビ)」をベースとしており、機能を絞りつつ電話機能を追加するなどコミュニケーションツールに特化させた格好だ。moconaviと同様に端末の情報を残さないため、情報漏洩を防げるとしている。

 初期費用は3000円、月額料金は1契約当たり1万円(いずれも税別)。特徴的なのがユーザー数に制限がなく、1契約で何人でも利用できる点。ユーザーごとに050番号が付与される。050番号による通話料金は契約した企業に請求されるため、個人利用の電話料金と分けることが可能という。

ビジネスチャットの画面
[画像のクリックで拡大表示]
クラウドアドレス帳の画面
[画像のクリックで拡大表示]