米GEデジタル(GE Digital)は2019年10月9日、生産現場の作業者などがIoT(インターネット・オブ・シングズ)技術で設備の可視化、改善作業を進めるためのソフトを国内で発売する。複雑なプログラミングが不要で、ITの専門家でなくても利用できるようにした。

 ソフトの名称は「Operations Hub(オペレーションハブ)」。丸紅情報システムズが日本国内向けの販売代理店契約を締結した。GEデジタルは米ゼネラル・エレクトリック(General Electric)傘下の1社。

 Operations Hubの特徴はビジュアルプログラミングだ。パソコンの画面上で計器などのアイコンと、センサーの取得データをつなぎ合わせて、設備の温度や湿度、振動などを可視化できる。Webブラウザー上で動作するため、さまざまな端末で利用できる。

プログラミング言語を使わずに生産現場を可視化できる
[画像のクリックで拡大表示]

 従来IT技術者が不足するユーザー企業はIoT技術を使って生産現場のカイゼン活動を進める際、必要なシステムの開発をソフトウエア企業に委託することが多かった。同製品を使えば現場の作業者が簡単にソフトウエアの変更などを実施できる。

 「2~3日のトレーニングで操作できるようになるため、時間やコストを抑えてIoTによるカイゼン活動を進められる。可視化作業でなく、データ解析・活用といった本来の活動に専念できる」(丸紅情報システムズ)。既に大手自動車部品メーカーが導入しているという。GEデジタルは将来的に、Operations Hubを他のGE製ソフトウエアと連携させる計画だ。