電通を早期退職した40~50代が集う、同社子会社のニューホライズンコレクティブ合同会社(NH)は2021年11月10日、クラウドワークスと協業し、NHのメンバーと企業や地方自治体をマッチングする取り組みを始めると発表した。クラウドワークスの副業マッチングサービス「クラウドリンクス」を通じて展開する。

 具体的には、クラウドリンクスにNHのメンバーが登録し、スキルや稼働状況などをクラウドワークスと共有する。クラウドワークスは、企業や地方自治体などのニーズに適したNHメンバーを紹介する。これにより、NHメンバーのセカンドキャリア形成を支援する。

 マッチングのイメージとしては、「デジタル人材の採用が難しい地方の中小企業に対するデジタルマーケティングの支援」「スタートアップ企業に対する大企業との事業連携の支援」「地方自治体向けに地産の食材を活用した新商品開発の支援」などを想定する。