クラウドソーシング大手のランサーズは2020年11月11日、登録フリーランスへの報酬を最短で即日に支払うサービスを始めた。売掛債権を現金化する「ファクタリング」の仕組みを使い、審査に通った登録者が報酬を即日受け取れるようにする。従来の支払いタイミングは毎月15日と月末払いの2回で、仕事が完了してから報酬を受け取るまで一定の期間がかかっていた。新型コロナウイルス禍でフリーランスの仕事が不安定になる中、資金繰りの柔軟性を高めて支援する。

 GMOインターネットグループ傘下のGMOクリエイターズネットワークが運営する金融サービス「FREENANCE byGMO」と連携して提供する。ランサーズのシステムとFREENANCEのシステムをAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を介して連携させた。

即日払いの仕組み
(出所:ランサーズ、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 新サービスを利用するには、FREENANCEに会員登録して審査を通る必要がある。審査を通ったフリーランスはランサーズの個人用Webページから完了した仕事を選び、画面上のボタンを押すと最短でその日に報酬が銀行口座に振り込まれる。振り込みの際には支払金額の5%が手数料として差し引かれる。

即日払いのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 フリーランスはもともと収入が不安定であるのに加え、新型コロナの影響で収入が減少したフリーランスは60%に上る(ランサーズ調べ)。ランサーズは新サービスを通じて生活資金の手当てや機材への投資を支援する。