IT調査会社のIDC Japanは2021年11月11日、国内企業のノーコード/ローコード開発ツールの導入状況に関する調査結果を発表した。「導入している」と回答した企業は37.7%と4割近くに達した。「導入に向けて実装/検証中」と回答した企業12.8%を含めると、回答者全体の過半数に達する。

 2021年9月に調査を実施し、485社が回答した。IDC Japanが2020年8月に実施した前回調査では、導入済みは8.5%、検証などに取り組む企業が12.4%だった。単純計算では、1年あまりで約2.4倍の企業に導入が広がったことになる。

 導入済みの企業の62.3%は、IT部門以外の部門にもツールを活用してのアプリ開発を認めている。業務のデジタル化などの目的で業務部門がアプリを開発する動きが今後拡大しそうだ。