日本オラクルは2019年10月28日、Oracle Database(Oracle DB)の最新技術動向および事業戦略に関する説明会を開いた。米オラクルのマリア・コルガンデータベース・サーバー技術担当マスター・プロダクト・マネージャーは「データ管理やアプリケーション開発をさらにシンプルにする」と強調した。

米オラクルのマリア・コルガンデータベース・サーバー技術担当マスター・プロダクト・マネージャー
[画像のクリックで拡大表示]

 米オラクルは2020年初頭にOracle DB新版「Oracle Database 20c」の投入を予定している。20cではブロックチェーンを使ってデータの改ざんを防ぐ機能や、格納したデータに対して自動的に機械学習モデルを構築する「AutoML」機能などを拡張するという。

 直近の取り組みで強調したのが、2019年9月に提供を始めた米インテルの永続性メモリー(Persistent Memory:PMEM)を搭載したDB専用機「Exadata X8M」だ。従来機の2.5倍となるIOPS(1秒で処理できるI/Oアクセス数)性能と、10分の1以下の低遅延を実現した。米オラクルのアンドリュー・メンデルソンデータベース・サーバー技術担当エグゼクティブ・バイスプレジデントは「(PMEMは)今年1番の破壊力を持つテクノロジーだ」と話した。

米オラクルのアンドリュー・メンデルソンデータベース・サーバー技術担当エグゼクティブ・バイスプレジデント
[画像のクリックで拡大表示]

 このほか、米オラクルは自社クラウド「Oracle Cloud」を無料で試用できるサービス「Oracle Cloud Free Tier」を提供している。メンデルソン氏は日本でも既に数百件の導入実績があることを明らかにした。

 Oracle Cloudで日本国内にデータセンターを設けたのは2019年5月。競合他社に比べて大幅に遅れたが、Oracle DBをオンプレミスで使う国内ユーザーは多く、クラウド移行のニーズをくみ取ることでAWS(Amazon Web Services)やMicrosoft Azureといったライバルに対抗していく構えだ。