内閣府は2019年11月5日、マイナンバー制度の個人向けポータルサイト「マイナポータル」をiPhoneで利用できるようにした。対応するiPhoneはiOS 13以降を搭載したiPhone 7以降の機種である。これまではマイナンバーカードのICチップに搭載された公的個人認証サービス(JPKI)に対応したAndroidスマートフォンならびにパソコンでしか使えなかった。

[画像のクリックで拡大表示]
iPhone利用のマイナポータルと「自己情報取得API」
(出所:内閣府大臣官房番号制度担当室)
[画像のクリックで拡大表示]

 マイナポータルは政府が運営するWebサービスで、行政機関などが保有する自己情報を確認できる。同日から自己情報の確認だけでなく、利用者の同意に基づいて自己情報を提供する「自己情報取得API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)」の提供も始めた。

 企業など様々なWebサービス提供者が同APIを使うと、マイナポータルと連携して利用者に負担をかけずに正確な利用者の情報を取得してサービスを提供できる。企業の間でもマイナンバーカードを利用したデジタルサービスの導入に弾みが付きそうだ。