NTTドコモは2020年12月3日、毎月のデータ通信量が20ギガバイトの新料金プラン「ahamo(アハモ)」の提供を2021年3月に始めると発表した。5分以内の国内通話が無料で、月額料金は2980円(税別、以下同じ)。新規契約事務手数料や機種変更手数料、MNP(モバイル番号ポータビリティー)転出手数料は無料にし、細かい割引条件なども極力なくしたシンプルな料金プランとした。

 ネットワークは4Gと5Gの両方に対応し、20ギガバイトのデータ通信量は海外82の国・地域において追加料金なしで使える。20ギガバイトを超過した場合は通信速度が最大毎秒1メガビットに制限されるが、1ギガバイト当たり500円で容量の追加も可能。月1000円で国内通話が完全かけ放題となるオプションも用意した。

 競合のKDDI(au)とソフトバンクは、それぞれ「UQ mobile」と「Y!mobile」のサブブランドで月20ギガバイトの料金プランを発表済み。だがドコモの新料金よりも高く、対抗値下げをどう打ち出してくるかが注目となる。