富士通は2020年12月11日、全国のろう学校や普通学校向けにプログラミング教育環境を無償で公開すると発表した。文部科学省が目指す「誰一人取り残すことのない、公正に個別最適化された学び」の実現に向けたICTによる教育環境整備の支援の一環と位置付け、高度ICT社会を担う次世代の人材育成への貢献を目指す。

 利用者が髪の毛や襟元などに装着し、音の大きさを光と振動の強さにリアルタイムに変換することで音の知覚を助ける「Ontenna(オンテナ)」を活用する。プログラミング教育ソフト「スクラッチ」によってOntennaの振動の強さや光の色、反応する音の大きさなどをカスタマイズできる機能を開発した。富士通の担当者は「Ontennaを活用したプログラミング教育が、将来ITを使って社会課題を解決してみようと思ってもらえるきっかけになってほしい」(同社 ビジネスマネジメント本部 事業企画部 本多達也Ontennaプロジェクトリーダー)と期待を語った。

 今回のプログラミング教育環境は、科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業(CREST)の支援を受けて開発した。富士通は2019年6月からOntennaの体験版を無償で提供しており、全国の7割以上のろう学校で授業や学校生活などに活用が広がっている。

手に持っているのがOntenna。スクラッチを活用して振動の強さや光の色などをカスタマイズできる。
(出所:富士通)
[画像のクリックで拡大表示]