NTTドコモとKDDI(au)は2021年12月15日、他社の携帯電話に乗り換えてもメールアドレスを使い続けられるサービスを発表した。ドコモは「ドコモメール持ち運び」の名称で12月16日から、KDDIは「auメール持ち運び」の名称で12月20日から提供を始める。料金は両社とも月額330円(税込み)。ソフトバンクも2021年内に同様のサービスを提供する予定である。

「ドコモメール持ち運び」の利用イメージ
「ドコモメール持ち運び」の利用イメージ
(出所:NTTドコモ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ドコモでは「@docomo.ne.jp」、KDDIでは「@au.com」「@ezweb.ne.jp」のドメインで提供するメールアドレスを乗り換え先でも使えるようになる。UQモバイルが有料で提供している「@uqmobile.jp」は「現時点では対象外」(KDDI)。両社とも携帯電話サービスの解約後31日以内に申し込む必要がある。他社への移行に限らず、「ahamo」や「povo」といったオンライン専用ブランドへの乗り換えにも活用できる。

 総務省はメールアドレスを移行先でも使い続けられないことが乗り換えの障壁になっているとして、携帯大手3社に早期の実現を求めていた。