AI(人工知能)開発ベンチャーのアースアイズ(東京・港)は2019年11月、防犯カメラの映像からAIが来店客や店員の行動を分析する新サービス「AI Search(AIサーチ)」の提供を始める。来店客の人数や属性、滞在時間、動線などをデータ化することで、小売業の店舗運営に生かしてもらう狙いだ。実店舗の価値を高めて、米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)らEC(電子商取引)事業者への対抗を後押しする。

「30代男性」や「店員」と指定すれば動きが分かる

 「監視カメラの映像は貴重なデータであるにもかかわらず、(既存の小売業は)戦略的に使えていない。AI Searchならそれを生かせる」。アースアイズの山内三郎社長は新サービスの意義をこう強調する。

アースアイズの山内三郎社長
[画像のクリックで拡大表示]

 AI Searchを使うと防犯カメラに映った来店客や店員の動きを分析し、グラフやヒートマップで定量的に把握できるようになる。例えば客を「30代男性」で絞り込めば、どの時間帯の来店が多く、どういった動線で店内を回遊したかが分かり、店舗レイアウトを変える際の参考にできる。

AI Searchの分析画面。どの時間にどの棚の前が混んでいるかなどが分かる
[画像のクリックで拡大表示]

 「店員」で絞り込めば、接客や品出しに費やした時間などが分かり、人員配置の最適化に生かせる。AI Search で使うAIは、経済産業省所管の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の研究開発プロジェクトの成果を活用した。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。