富士通Japanは2021年12月22日、ドリルやプリントなどのデジタル教材のプラットフォームを小中学校や高校向けに開発すると発表した。教育同人社、浜島書店、明治図書出版と組み、提携する販売代理店経由で2022年4月からデジタル版の図書教材を全国の学校に提供する。富士通Japanによると、複数社のデジタル教材を販売代理店経由で学校に直接提供する取り組みは2021年12月1日時点で国内初だという。

 共通プラットフォームはWebブラウザー上で動作するクラウドサービスとして提供する。教材会社が個々に手書き文字のデジタル採点や教材管理といった機能を開発することなく、教材のデジタル化に専念できるようにする計画だ。

 学校は統一の操作方法や管理画面で様々な教材を使える。専用画面で学習状況を確認し、一人ひとりの進捗や理解度に合わせた指導もできるという。トライアルサイトを用意し、2022年4月までの期間はデジタル教材の一部機能やコンテンツを無償で公開する。