Microsoft 365のメール機能には、WindowsやiOS用のOutlookアプリ、Webブラウザー上で使用できる「Outlook on the web」がある。今回は、後者のOutlook on the web(以下、この連載ではWeb版のOutlook)を中心に機能を紹介しよう。

 Web版のOutlookを使うには、Microsoft 365のサインインページまたはOutlook.comに移動する。Microsoft 365のアカウントでサインインすれば、いずれもMicrosoft 365の「Outlook on the web」に移動できる。

 Microsoft 365でサインインした場合は、「ホーム」画面で「Outlook」をクリックする。Outlook.comからサインインした場合は、ダイレクトにWeb版のOutlookの受信トレイが表示される(図1)。

図1●Web版のOutlookの受信トレイ。左側で受信トレイなどに切り替えができる。中央では送信されたメールの件名、右側には選択したメールの内容が表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

 Web版のOutlook(Outlook on the web)は、以前は「OWA」と呼ばれていた。テレワークなどで自宅で作業する場合でも、アプリをインストールせず、ブラウザーを使って作業できるメリットがある。

Outlookの基本操作

 Web版のOutlookでは、メールの送受信、予定表、連絡先を使用できる。ここでは、基本的な機能を紹介しよう。

 Web版のOutlookは、メールの送受信、メールから予定表にスケジュールやTo Doへの確認、追加が簡単な操作でできるようになっている。画面右上の「今日の予定」をクリックすると、「予定表」や「To Do」が表示され、ドラッグ操作などで追加できる(図2)。

図2●Web版のOutlookの受信トレイ。画面右上の「今日の予定」をクリックすると、「予定表」や「To Do」が表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

 「予定表」では、毎日のスケジュールや会議などの予定を作成できる。会議によっては、Microsoft 365なら直接Teamsから参加することも可能だ(図3)。

図3●「予定表」の画面。スケジュールを確認できるほか、Teamsのオンライン会議へ直接参加もできる。
[画像のクリックで拡大表示]

 「連絡先」では、友人や知人のアドレスや電話番号などの連絡先をまとめて管理できる(図4)。

図4●「連絡先」の画面。ここで登録した連絡先はメールの宛先や検索などで使用できる。
[画像のクリックで拡大表示]

 次より、Web版のOutlookで更新されたり、新しくなったりした機能を中心に、操作の一部を紹介しよう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。