4月になり、Microsoft 365を初めて利用するという人も多いのでは。今回は、Microsoft 365を初めて利用するユーザーや改めてMicrosoft 365の操作方法を確認したいといったユーザー向けに、Microsoft 365の基本的な操作方法を簡単に紹介する(図1)。

図1●Microsoft 365のホーム画面。アプリを起動するアイコンがまとめられ、ここから起動も可能だ。また、作成したファイルなどがホーム画面に表示されている。
[画像のクリックで拡大表示]

Microsoft 365にサインインする

 会社などの組織でMicrosoft 365を利用する際に、アカウント(メールアドレス)やパスワードなどの情報を受け取ったら、Microsoft 365(https://www.office.com/)にアクセスしてサインインしてみよう。

 アカウントやパスワードを入力して、「サインイン」をクリックする(図2)。

図2●Microsoft 365のアカウントやパスワードを入力して「サインイン」をクリックする。
[画像のクリックで拡大表示]

 サインインすると、Microsoft 365のホーム画面が表示される。画面の左側には、ファイルの新規作成やアプリを起動するためのアイコンが表示される。また、初めて起動すると使い方のためのヒントも表示されるので、「次へ」をクリックして情報を確認してみよう(図3)。

図3●サインインすると、Microsoft 365のホーム画面が表示される。画面の左側にはアプリを起動するためのアイコンなどが表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

プロフィールの写真を変更する

 サインインしたら、自分のアイコン画像やプロフィールを変更してみよう(図4)。変更するには、画面右上のユーザーアイコンをクリックし、「Officeプロファイル」をクリックする。

 Delveが起動され、プロファイルの画面が表示される。Delveは、ユーザーアイコンの画像や連絡先、得意分野など、自己紹介のためのプロファイル情報を管理している場所だ。

 写真を変更するには、ユーザーアイコンの右側にあるカメラのアイコンをクリックする。

図4●左上のユーザーアイコンをクリックし、「Officeプロファイル」をクリックする。表示された画面のユーザーアイコンのカメラの部分をクリックする。
[画像のクリックで拡大表示]

 画面が表示されたら、「画像のアップロード」をクリックする。ユーザーアイコンに表示したい画像を選択し、アップロードすると、指定した画像が表示される(図5)。この画面で「すべて保存して閉じる」をクリックして反映する。環境によっては、反映されるまでに時間がかかる場合がある。

図5●表示された画面の「画像のアップロード」をクリックし、ユーザーアイコン用の画像をアップロードして保存する。
[画像のクリックで拡大表示]

 画像以外の情報を更新したい場合は、「プロファイルの更新」をクリックする。右側に情報が表示されるので、自己紹介や仕事内容などの情報を入力してみよう(図6)。

 会社によっては、役職や連絡先などの情報を、管理者以外は変更できないようにしている場合もある。その場合は、管理者に確認してみるとよい。

図6●画像以外の情報を更新するには、「プロファイルの更新」をクリックして情報を変更する。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。