Office 365の名称が「Microsoft 365」に名称変更された。名称は変更されているが、プラン内容や価格は現時点では変更されていない。今回は、名称変更の内容や更新情報に関連する内容を紹介する。

 Office 365で浸透してきた名称が、4月22日(日本時間)に「Microsoft 365」に変更された。主なプラン名の変更は、次のようになっている(図1)。

図1●Microsoft 365に名称変更されたプラン。中小企業や個人向けのOffice 365のプラン名が変更されている。
[画像のクリックで拡大表示]

 現時点では、プラン名の変更のみで、価格や機能の変更はないと説明されている。マイクロソフト社の名称変更に関するWebページでは、名称を変更した理由として、「個人と企業それぞれのニーズに合わせて、サブスクリプションに含まれる機能と利点の範囲をより適切に表現するため」としている。

 ただし、大企業向けのOffice 365 E1、E3、E5や教育機関向けのOffice 365 A1、A3、A5などは変更がなく、そのままの名称になる。

更新情報を確認する

 Microsoft 365に関する機能の追加、更新情報はいくつかの方法で確認できる。ここでは、更新情報に関する情報も紹介しておこう。

 Microsoft 365で重要な更新プログラムが公開(リリース)されると、Microsoft 365の開発・更新情報などを提供する「Microsoft 365ロードマップ」に通知される。公開が近づくと、「メッセージセンター」を通じて通知されるようになる。

 Microsoft 365ロードマップは、Webブラウザーで「Microsoft 365ロードマップ」と検索すればアクセスできる(図2)。上でも述べたように開発中や現在提供中の機能情報が確認できるが、現時点では一部の情報は英語で提供されている。

図2●マイクロソフト社のMicrosoft 365ロードマップのWebページ。Microsoft 365の新機能や開発状況などを確認できる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。