Officeモバイルアプリは、ExcelやWord、PowerPointなどを、モバイル端末で利用するためのアプリだ。複数のアプリを、「Office」という1つのアプリで操作できるため、使い勝手もよい(図1)。また、Microsoft 365のアカウントでサインインすれば、同一ファイルに共同で作業できる。今回は、Officeモバイルアプリを紹介する。

図1●左はExcelのグラフでスタイルを変更している画面。右のPowerPointでは、「デザイン アイデア」を使ってスライドに適したデザインを選べる。どちらもデスクトップ版のアプリで使われている機能で、モバイルアプリでも同様に利用できる。
[画像のクリックで拡大表示]

Officeモバイルアプリを利用する

 Officeモバイルアプリは、現在iOSとAndroid版がある。無料で利用できるのに加えて、Microsoft 365のアカウントでサインインすれば、組織内の他のユーザーとファイルを共有して作業できる。今回は、iPhoneでMicrosoft 365アカウントにサインインした環境で説明する。

 Officeモバイルアプリをモバイル端末にインストールしたら、「ホーム」画面の左上のユーザーアイコンをタップし、「サインイン」をタップする。Microsoft 365のアカウントとパスワードを入力して、「サインイン」をタップする(図2)。

図2●画面左上のユーザーアイコンをタップし、表示された画面の「サインイン」をタップする。Microsoft 365のアカウントとパスワードを入力して、「サインイン」をタップする。
[画像のクリックで拡大表示]

 「ホーム」画面下には、操作を切り替えるためのアイコンが表示されている。「ホーム」では、最近利用したファイルが「今日」や「今週」などの単位で表示される。

 中央の「+」からは、ExcelやWordなどをすぐに起動するためのクイックアイコンが表示される。「操作」では、画像からテキストやPDFにしたり、PDFに署名したりするための機能が使える(図3)。

図3●画面下のアイコンで操作を切り替える。「ホーム」では最近使ったファイル、「+」ではアプリを起動するためのクイックアイコン、「操作」ではPDFやテキストなどに変換するための機能が利用できる。
[画像のクリックで拡大表示]

ファイルを開く

 組織内で利用しているファイルやOneDrive for Businessにアップしているファイルを開くには、まず「ホーム」画面右上の「フォルダー」のアイコンをタップする。「開く」画面で開きたいフォルダーやファイルをタップすれば、目的のファイルが表示される(図4)。

図4●画面右上の「フォルダー」アイコンをタップし、「開く」画面でOneDrive for Businessやフォルダー、ファイルなどをタップして、ファイルを表示する。
[画像のクリックで拡大表示]

 また、Microsoft 365のOneDrive for Business以外のストレージサービスを追加することも可能だ。「開く」画面の「ストレージ アカウントの追加」をタップする。一覧には追加できるストレージサービスが表示される。今回は個人の「OneDrive」をタップし、OneDriveのアカウントでサインインする。これで両方のファイルを開くことができる(図5)。

図5●「開く」画面の「ストレージ アカウントの追加」をタップし、そこで表示される一覧のストレージアカウントを追加して表示できる。今回は、個人のOneDriveのストレージサービスを追加した。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。