テレワークで、自宅で仕事をする機会も多くなった。現在は、自宅でのテレワークと会社の両方で仕事をするという人もいるだろう。

 Officeアプリなどで作業したファイルをどの環境でも効率的に使うには、Microsoft 365(旧Office 365)の利用者なら、クラウド上でファイル共有ができる「OneDrive for Business」がおすすめだ。

 OneDriveには、個人で利用する「OneDrive」とMicrosoft 365で利用できる「OneDrive for Business」がある。

 前者は、Windows 10に標準で装備されており、個人用にファイルやフォルダーを管理できる。後者は、組織のMicrosoft 365のアカウントでサインインして、組織内でファイルやフォルダーを共有することが可能だ。

 今回は、あらためて後者の「OneDrive for Business(以下、記事ではOneDrive)」を紹介する(図1)。

図1●OneDriveなら、ファイルの共有や操作の履歴などの情報を確認することができる。
[画像のクリックで拡大表示]

WebブラウザーでOneDriveを利用する

 Microsoft 365のOneDriveは、OneDrive for Business Plan1またはPlan2、Microsoft 365 Business Standard(旧Office 365 Business Premium)のプランで利用できる。Plan2では無制限、他のプランでは1ユーザー当たり1TBのストレージ容量が利用可能だ。

 OneDriveを利用するには、Microsoft 365にサインインし、ホーム画面で「OneDrive」をクリックする(図2)。OneDriveの左側には、「最近使ったアイテム」や「共有」などの画面に切り替えられる。画面上部には、ファイルを新規作成、アップロードするためのコマンドが表示されている。

図2●OneDriveの画面。画面上部のコマンドからファイルを作成、アップロードなどの操作ができる。
[画像のクリックで拡大表示]

 Webブラウザーでファイルを作成するには、「新規」をクリックし、一覧から作成したいアプリを選択する。

 ここでは「PowerPointプレゼンテーション」を選び、プレゼン用の資料を作成した(図3)。作成したファイルは自動的にOneDriveに保存される。

図3●PowerPointプレゼンテーションからスライドを作成した。作成したファイルはOneDriveに自動的に保存される。
[画像のクリックで拡大表示]

 フォルダーを作成するには、「新規」から「フォルダー」を選ぶ(図4)。「フォルダーの作成」画面が表示されたら、フォルダー名を入力して「作成」をクリックする。OneDrive上にフォルダーが作成される。

図4●OneDrive上にフォルダーを作成するには、「新規」をクリックし、「フォルダー」をクリックする。フォルダー名を指定して「作成」をクリックすると、フォルダーが作成できる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。