Microsoft Searchは、企業内のイントラネットやWebサイトを検索して効率的に情報を得るための機能で、Office 365では標準装備されている。Office 365の組織のMicrosoftアカウントでサインインして、検索エンジンの「Bing」でキーワード検索すると、そのキーワードに合致した組織内の検索情報などを上部に表示することができる(図1)。

 また、Windows版のOfficeアプリの検索ボックスに関連したキーワードを入力して検索すると、関連した人やファイルなどが表示される。

 今回は、Microsoft Searchを紹介する。

図1●Bing検索で、組織のMicrosoftアカウントでサインインすると、入力キーワードに合わせた組織がブックマークしているサイトなどの情報が確認できる。
[画像のクリックで拡大表示]

Microsoft Searchを利用する

 Office 365で利用できるMicrosoft Searchでは、組織内のユーザーやファイル、組織内で追加したブックマークやQ&Aなどの情報を合わせて検索できる。

 この機能は、Office 365の組織のMicrosoftアカウントでサインインすることで、使用可能になる。

 現時点(執筆時点)では、以下のアプリに搭載されている。

  • SharePoint Online
  • OneDrive for Business
  • Outlook on the web
  • Windows上のOffice アプリ
  • Bingホームページ
  • Office.com
  • Word、Excel、PowerPoint Online の開始ページ
  • 検索エンジンとして「Bing」を登録している場合には、Edgeのアドレスバーから検索できる

 Office 365で、Microsoft Searchを使用する場合は、以下のサブスクリプションの契約が必要になります。

  • Office 365 Business EssentialsおよびBusiness Premium
  • Office 365 A1/A3/A5
  • Office 365 Education E1/E3
  • Office 365 Enterprise E1/E3/E3 Developer/E5
  • Office 365 F1
  • Microsoft 365 Business
  • Microsoft 365 A3/A5
  • Microsoft 365 F1/E3/E5

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。