Microsoft 365の「Microsoft Lists」(以下、Lists)は、日程や情報などをリスト化して管理したり、共有したりするのに便利なアプリだ。今回は、この「Lists」の操作方法を紹介しよう(図1)。

図1●Teamsから「Lists」のテンプレートを使って、研修用の講座情報をリスト化した。この情報を共有してチャットでやり取りすることもできる。
[画像のクリックで拡大表示]

Listsを利用する

 「Lists」は、Microsoft Teams(以下、Teams)やSharePointから利用するか、環境によっては「Lists」アプリが利用できる場合もある。今回は、情報共有がしやすいTeamsのWebアプリから「Lists」を利用してみよう。

 Teamsは複数のユーザーとオンライン会議やチャット、ファイル共有などをするのに適したアプリだ。Teamsを起動するには、Microsoft 365の「ホーム」画面などから「Teams」をクリックする。

 左側で「チーム」をクリックすると、右側に会話やファイルを共有するための画面が表示される。一覧から目的のチャネルを選択すると、画面の上部には、あらかじめそのチャネルのタブがいくつか表示されている。このタブにアプリを追加することができる。

 「Lists」を追加するには、このタブの右側にある「十」(タブを追加)をクリックする。追加できるアプリの一覧が表示されるので、「Lists」をクリックし、次に表示された画面で「保存」をクリックする(図2)。

図2●Teamsを起動し、画面上部の「タブを追加」をクリックして、アプリの一覧から「Lists」を選んで追加する。
[画像のクリックで拡大表示]

 「Lists」を追加すると、画面上部に「Lists」のタブが表示される。画面中央には、「リストの作成」と「既存のリストを追加」のボタンが表示される。新規にリストを作成するには、「リストの作成」をクリックする(図3)。

図3●「Lists」のタブが追加される。画面上部にリストを作成するためのボタンが表示されている。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。