Microsoft 365では、ユーザーの管理にMicrosoft 365管理センターを利用する。Microsoft 365管理センターは、Microsoft 365の様々な設定をまとめた管理者用の機能だ。これらの一部の操作をモバイルで管理できる「Microsoft 365 Admin(モバイル)アプリ」が提供されている。80以上の機能があり、急な設定変更やユーザー追加など、PCがすぐに使えない場合などに対応しやすい。

 図1は、左がMicrosoft 365 Adminアプリ、右がMicrosoft 365管理センターでのユーザーの追加画面だ。ユーザーの追加もMicrosoft 365 Adminアプリでも操作可能だ。今回は、この「Microsoft 365 Adminアプリ」を中心に紹介していこう。

図1●左は、Microsoft 365 Adminアプリのユーザーの追加画面。右はMicrosoft 365管理センターのユーザー追加画面だ。
[画像のクリックで拡大表示]

Microsoft 365 Adminアプリを利用する

 Microsoft 365 Adminアプリは、iOS用、Android用のアプリが提供されている。iOSならApp Store、AndroidならGoogle Playからインストールする。今回は、iPhoneを使って紹介する。

 このアプリは、Microsoft 365 Apps for businessまたはMicrosoft 365 Business Premiumサブスクリプションで、管理者アカウントを使って利用できる。

 執筆時点で、Microsoft 365 Adminアプリの主な機能は、次の通りだ(Microsoftの公式サイトの情報提供)。

  • サービスの正常性とメッセージセンターに内容を確認する
  • お問い合わせをする
  • ユーザーのパスワードを再設定する
  • ライセンスを割り当てる
  • ユーザーを追加する
  • グループを作成、グループにユーザーを追加、削除する
  • 複数の組織管理者アカウントを切り替えてサインインする

 実際に、Microsoft 365 Adminアプリをインストールしてみよう。iOSの場合はApp Store、Androidの場合はGoogle Playから検索などしてインストールを行う。インストールが終了したら、Microsoft 365 Adminアプリを開く。

 Microsoft 365 Adminアプリの画面が開いたら、「+」をクリックし、管理者のアカウントを入力して「次へ」をタップする。次の画面でパスワードを入力し、「サインイン」をタップする(図2)。

図2●Microsoft 365 Adminアプリに管理者アカウントを入力し、「次へ」をタップする。次にパスワードを入力して「サインイン」をタップする。
[画像のクリックで拡大表示]

 サインインすると、Microsoft 365 Adminアプリのホーム画面が表示される。ホーム画面では、メッセージセンターやサービス正常性、請求アラートの項目と、ユーザーやグループを追加する場合のクイックリンクが表示されている。画面左上の「メニュー」をタップすると、ユーザーやグループを作成するためのメニューが表示される(図3)。

図3●Microsoft 365 Adminアプリのホーム画面には、メッセージセンターやよく使う機能のクイックリンクが表示される。左上の「メニュー」をタップすると、設定できるメニューの一覧が表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。