おかげさまでこの連載は34話となり、もうすぐ開始から3年を迎える。当初は27話で終わるはずだったが、思いのほか好評だった「時間泥棒シリーズ」を11カ月も続けてしまったので、まだしばらくは終わりそうにない。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」と言われ続けてきた

 いまさら私が、このことわざを解説する必要はないだろう。てっきり中国がオリジナルの故事成語だと思っていたが、どうやら古代ローマのことわざらしい(英文で書くと「If you run after two hares, you'll catch neither」、haresとは野ウサギのこと)。

 私たち人間の能力と体力と時間は有限なので、「同時に二つのことを欲張ると上手く行かないよ」という戒めだ。どうも私は昔から、一度にたくさんのことに手を出してしまい、中途半端になりがちだった。このため先輩からこの戒めの言葉を何度も頂戴したが、どうにかできるものではなかった。どうしても二兎、そして三兎を追いたくなるのだ。

 ただ、今の時代、「二兎を追う者は一兎をも得ず」などとのんきなことを言っていられないはずだ。それほど世の中は尋常ではないスピードで変化し続けている。現在の延長線上に未来はなく、将来を全く予測できない。そうなると、未来を自分で創るしかなくなってしまった。

 そんな焦る気持ちが、「あれもやれ」「これもやれ」という欲張りとなり、こんな会話が飛び交うのだ。

「営業が毎日、毎月の売り上げを稼ぐのと、半年先、1年先の売り上げを仕込むのと、どっちにしますか? 両方は無理ですよ。今月の売り上げを達成しなくても良ければ、喜んで1年先の仕込みをやります。どちらにするか決めてください」

「お客様の言うことばかり聞いて満足させれば、その分、売り上げが落ちるのは当たり前です。だって売り上げと満足度は正反対なんですから、営業が売り上げに注力するなら、お客様を満足させている暇なんかありません。売り上げか、満足度の向上かどっちか選んでください」

というように、営業責任者だったころ、私は何度もチームのメンバーに突き上げられた。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。