米GEが1980年代後半に全社規模で導入した「ワークアウト(Work-Out)」解説の5回目となった今回は、グループワークで量産したアイデアを整理/分類して絞り込むプロセスの詳細を解説する。

[画像のクリックで拡大表示]

3)アイデアを絞り込む

 アイデア出しのブレーンストーミングが終了した直後は、メンバーたちは軽い達成感と高揚感を覚えているはずだ。ただ同時に、膨大な数の付箋を目の前にして、途方に暮れているかもしれない。

(出所:123RF)

 量産したアイデアを絞り込むツールとして利用するのが、「KJ法」である。前回の演習3)で、4人で100枚を超えた付箋を書き上げたところから、「アイデアの絞り込み」の具体的な演習手順を見ていこう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。