ここ数年で急速に発達したIoTやAI(人工知能)の技術を応用して、個人の快適な生活をサポートする「スマートホームデバイス」が成長を続けている。調査会社のIDC Japanによると、2019年のスマートホームデバイスは全世界で8億を超える出荷台数となり(数値は2019年第3四半期のデータに基づく予測、以下同)、2023年には14億台に達するという。

(提供:123RF)

 ただし日本市場に限ると、2019年のスマートホームデバイスの出荷台数は1000万台程度。日本と世界の比較から、売れる製品の違いも見えている。今後の日本のスマートホームデバイスの成長の鍵を握る分野とビジネス応用の課題を探る。

スマートホーム化はテレビから

 スマートホーデバイスとは、(1)家庭にあり、(2)通信機能を持ち、(3)「スマート(賢い、転じて高度な)」な活用が可能な機器のことである。スマートには、人の声で命令できる「操作性」や単独でも自立的に動作する「自動化」、他の機器との「共有・連携」などの意味合いを含んでいる。

 IDCはスマートホームデバイス市場を、以下の5つのカテゴリーに分けている。

  1. 動画を楽しむための「ビデオエンターテインメント」
    • Apple TVに代表される「セットトップボックス」
    • Fire TV Stickなどの「ストリーミングスティック」
    • テレビにインターネット接続機能などを内蔵した「スマートテレビ」
  2. 白物家電がスマート化した「アプライアンス」
    • ルンバなどの「ロボット掃除機」
    • 音声コマンドによる調理が可能な「オーブンレンジ」
    • 庫内にある食材をカメラでチェックできる「冷蔵庫」
  3. スピーカーに音声応答機能を付与した「スマートスピーカー」
    • Amazon EchoやGoogle Home、LINE Clovaなどの「スマートスピーカー」
    • スマートスピーカーにディスプレイを搭載し、タッチパネルで操作できる「スマートディスプレイ」
  4. 家庭内の「ホームモニタリング/セキュリティ」
    • 留守中の部屋の状況を確認できる「遠隔カメラ」
    • 遠隔操作で鍵の開閉ができる「ドアロック」
    • ドアや窓の開閉状態を確認できる「センサー」
  5. その他
    • オンオフや明るさをコントロールできる「照明」
    • 住宅内の温度を一定に保つ「サーモスタット」

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。