調査会社のIDC Japanは、国内CRM(Customer Relationship Management)アプリケーション市場の2023年の市場規模(売上額)が2079億8000万円になるという予測を発表した。

 2018年の同市場の規模は、1572億1400万円だった。2018~23年の年間平均成長率(CAGR)は5.8%で、5年後に2000億円の大台に到達する。(

図●国内CRMアプリケーション市場の売上額予測、2017~23年
出典:IDC Japan
[画像のクリックで拡大表示]

 IDCは国内ERP(統合基幹業務システム)の2023年の市場規模が約2600億円(2018年は2140億9700万円)になると予測している。CRM市場は、規模ではERP市場に及ばないものの、ERP市場をやや上回るペースで成長していると考えてよいだろう。

CRMアプリケーションに二つの市場を追加

 IDCは国内CRMアプリケーション市場を(1)広告アプリケーション市場、(2)コンタクトセンターアプリケーション市場、(3)カスタマーサービスアプリケーション市場、(4)デジタルコマースアプリケーション市場、(5)マーケティングキャンペーン管理アプリケーション市場、(6)セールス生産性/管理アプリケーション市場の六つに分類している。このうち(1)と(4)を、2019年の調査で新設した。

 (1)広告アプリケーション市場は、Webサイトへのリアルタイム広告など広告配信やそのための基盤となるアプリケーションで構成する。広告制作に関するアプリケーションは含めていない。

 (4)デジタルコマースアプリケーション市場は、BtoCだけでなくBtoBに携わる企業がECサービスを立ち上げる例が増えていることを受けて追加した。どちらも顧客データとの関わり合いが深いためCRMアプリケーションに含める判断を下したという。

 追加した2市場を含む、国内CRMアプリケーション市場の市場規模と前年比成長率をに示す。新しい2市場は前年にさかのぼって売上額を推定し、2018年の成長率を算定している。

表●2018年の国内CRMアプリケーション市場の機能別売上高と前年同期比
機能市場売上額前年比成長率
(1)広告アプリケーション市場388億3900万円9.1%
(2)コンタクトセンターアプリケーション市場293億4600万円14.6%
(3)カスタマーサービスアプリケーション市場303億6400万円-5.5%
(4)デジタルコマースアプリケーション市場118億4900万円6.9%
(5)マーケティングキャンペーン管理アプリケーション市場230億6700万円16.5%
(6)セールス生産性/管理アプリケーション市場237億4900万円5.8%
  国内CRMアプリケーション市場全体1572億1400万円7.2%
IDC Japanのリリースを基に編集部作成

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。