図1●ワークストリーム・コラボレーションの活用は3つのレベルに分けられる

記事へ戻る