寺倉 修=ワールドテック 代表取締役、元デンソー設計開発者

 宇宙ベンチャー企業であるインターステラテクノロジズ(本社北海道・大樹町)の小型ロケットが宇宙空間へ到達した。打ち上げ3回目での成功だ。昨年(2018年)に2回目の打ち上げが不調に終わった時、本コラム(第38回)ではこう述べた。「失敗から学び、知見を積み上げて、最後は高度100kmに到達する。その「開発のステップを歩んでいる」と捉えるべきだ」と。それが早くも現実となった。リスクをとり、失敗してもチャレンジして成し得た快挙だ。心からお祝いを申し上げたい。

 ただ、開発ステップといっても、私はロケットのそれを経験したことはもちろんない。しかし、大きな括(くく)りは以下の通りだ。

  • [1]開発する製品としてロケットを選び
  • [2]そのロケットの諸元(開発目標値)を決め
  • [3]その開発目標値を達成するための技術課題のめどをつけた

 過去2回の失敗では、手戻りが開発目標値まで遡ったのか、技術課題のめどをつける中で済んだのかはともかく、これらの開発ステップを踏まえた作業であったはずだ。

 これら開発ステップ(手順)は、第52回のコラムで述べた先行開発の大きな流れ、すなわち、以下のステップに通じる。

  • [1]分野と製品選定(製品選定)
  • [2]ダントツ目標値設定(目標値設定)
  • [3]ネック技術開発(技術のめどづけ)

 仕事は手順が大切だ。今回も先行開発の手順である「先行開発プロセス」について取り上げる(これは「先行開発の7つの設計力要素」の第1番目である)。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。