本連載は、営業活動をテクノロジーの力で効率化し、成果を最大化するための新たな手法や活動である「SalesTech(セールステック)」を解説してきた。前回は顧客から信頼を得てビジネスを継続する「ロイヤルティーの向上」のために、顧客がサービスから離脱することを防ぐ「カスタマーサクセス」を解説した。

 今回は、顧客の体験(カスタマーエクスペリエンス)を高められる機能を持った製品・サービスとして、対話型でリアルタイムのやり取りをする「チャット」を使う「Web接客」や「カスタマーサポート」を取り上げる。そして、やり取りを自動化する基本技術である「チャットボット」の動向についても解説する(図1)。

図1●本連載での解説分野
出典:ITR
[画像のクリックで拡大表示]

Webサイトへの導入が進むチャット機能とその背景

 主に個人が利用する「LINE」「Facebook Messenger」などのチャット系サービスや、携帯電話番号を使ってメッセージをやり取りする「SMS(Short Message Service)」を業務に利用する企業が増えている。チャット系サービスは当初は若年層への普及が先行したが、スマートフォンの普及とあいまって40代以上のビジネスパーソンにも利用が広がった。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。