設置の断面図(資料:YKK AP)
設置の断面図(資料:YKK AP)
[画像のクリックで拡大表示]
補強部品が必要なく、スッキリした見た目に仕上がる(資料:YKK AP)
補強部品が必要なく、スッキリした見た目に仕上がる(資料:YKK AP)
[画像のクリックで拡大表示]

 YKK APは、既存の窓の内側に設置して二重窓にする「マドリモ内窓プラマードU」に、マンションに特化した「マンション用ふかし枠50」を追加し、2020年12月に発売した。

 在宅勤務が広がる中、住宅の遮音性や断熱性を高める内窓が注目されている。内窓を取り付けるには、窓額縁の見込み寸法が70mm以上必要になる。だがマンションはこの条件を満たしていないケースが多く、ふかし枠(窓枠を室内側に延長するための枠)が必要である。

 マンション用ふかし枠50は、マンションの窓にマドリモ内窓プラマードUを設置するために開発した専用のふかし枠だ。ふかし枠自体で強度を確保しており、これまで必要だった補強部品は要らなくなった。コンクリート躯体に穴を開けて固定するといった作業がなく、施工の手間を減らせる。マンションに内窓を設置する際は補強部品の取り付けで見た目が損なわれることがネックになっていたが、それも解消した。

 参考価格(税別)は、幅1700mm×高さ1800mmの引き違い窓の場合、内窓本体とふかし枠(四方枠)のセットで16万3500円。

問い合わせ先:YKK AP
電話:0120-20-4134
URL:https://www.ykkap.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

  • ダウンロードいただく資料(動画閲覧を含む)の著作権、および表現内容に関しての責任は資料提供企業、およびその協力者に属します。