UD-SUS警告型(資料:田島ルーフィング)
[画像のクリックで拡大表示]
UD-SUS誘導型(資料:田島ルーフィング)
[画像のクリックで拡大表示]
UD-ST警告型(資料:田島ルーフィング)
[画像のクリックで拡大表示]

 田島ルーフィングは、屋内用の視覚障害者誘導システム「UDフロアシステム」に、既存の床の上に施工できる「UD-SUS」と「UD-ST」を新たにラインアップに加え、2021年1月に発売した。

 UD-SUSはステンレスプレート、UD-STはウレタン樹脂タイルのガイドタイルである。いずれもシール張り付け工法で、既存の床に後付け可能だ。建物内の誘導案内を短工期で設置できる。

 1.8mmという低い突起が特徴。視覚障害者が白杖で検知しやすく、かつ歩行者がつまずきにくい高さになっている。車椅子やベビーカーも床の上を移動しやすい。ドットを配置した警告型と、ラインを形成する誘導型がある。

 材料価格(税別)は、UD-SUSの警告型が1枚1万9800円、誘導型が1枚9800円。UD-STは受注生産品で、警告型と誘導型は共に1枚9800円。

問い合わせ先:田島ルーフィング
電話:03-6837-8877
URL:https://tajima.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード