防汚仕様の対象となるベッセルボウルデザイン(資料:アイカ工業)
防汚仕様の対象となるベッセルボウルデザイン(資料:アイカ工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 アイカ工業は、人工大理石の洗面ボウル「ラバトリーボウル」に防汚仕様を追加し、2022年4月に発売した。

 ラバトリーボウルは、メタクリル樹脂系人工大理石の「コーリアン」を基材にした、衝撃に強くマットな質感の洗面ボウルだ。ボウルの表面に防汚コーティングを施し、墨汁や絵の具、インク、調味料などの汚れを落としやすくした防汚仕様をラインアップに加えた。

 汚れが表面にたまりにくく、これまで水洗いでは落ちにくかった汚れを取りやすくなった。薬品への耐性が高いコーティング剤を使用しているので、洗剤を使った清掃も可能だ。

 ラバトリーボウルの中でも人気が高い「ベッセルボウルデザイン」4タイプと「オンボウルデザイン」4タイプが、防汚仕様の対象になる。

 設計価格(税別)は、ベッセルボウルデザインが5万8400円から、オンボウルデザインが4万3400円から。

問い合わせ先:アイカ工業
電話:0120-525-100
URL:https://www.aica.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

  • ダウンロードいただく資料(動画閲覧を含む)の著作権、および表現内容に関しての責任は資料提供企業、およびその協力者に属します。