柱間寸法に応じて3タイプを用意している(資料:ビスダックジャパン)
柱間寸法に応じて3タイプを用意している(資料:ビスダックジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]
「タフ455」は開口部の袖壁にも使用できる(資料:ビスダックジャパン)
「タフ455」は開口部の袖壁にも使用できる(資料:ビスダックジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 ビスダックジャパンは、木造軸組みの柱間にはめ込み施工するだけで耐力を確保できる真壁耐力壁「タフボード」を2022年4月に発売した。

 国産材を使った木質パネルの耐震建材だ。取り付けに特殊な工具や金物が必要なく、軸組み間にくぎで留め付けるだけで高い耐力を得られる。

 壁倍率は「タフ900」(幅780〜895mm)が4.5倍、「タフ600」(幅480〜495mm)が3.8倍、「タフ455」(幅335〜350mm)が3.5倍。最大高さ寸法は2295〜2895mm。厚さは79〜94mm。「タフ455」は狭小壁でも耐力を得られるので、開口部の袖壁にも使用可能だ。

 設計価格(税別)は、5万6000円〜8万2000円。

問い合わせ先:ビスダックジャパン
電話:072-361-8880
URL:https://www.visdac.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

  • ダウンロードいただく資料(動画閲覧を含む)の著作権、および表現内容に関しての責任は資料提供企業、およびその協力者に属します。