スタンダード型は調整用のボルトが下面に付いている(資料:リョービ)
スタンダード型は調整用のボルトが下面に付いている(資料:リョービ)
[画像のクリックで拡大表示]

 リョービは、新しいストップ装置を搭載した「ドアクローザ GDSタイプ」を2021年4月に発売した。

 シンプルな形状のドアクローザシリーズ「GEOPRO(ジオプロ)」向けに改良した、新しい外装式ストップ装置を備える。ストップ装置とは、設定した角度でドアを開いたままにできるもので、室内の換気や荷物の運搬などに便利だ。

 ストップ装置の凹凸を減らし、本体とつながるアーム部分をドアの近くに配置。すっきりとしたフォルムを実現した。

 スタンダード型(ドアを手前に引いて、開く側に取り付けるタイプ)は、調整用のボルトが本体の下面に付いている。上面に付いていた従来品よりも低い位置で調整作業ができる。本体の材質は、ハイシリコンアルミダイカスト合金。

 適用できるドアは、サイズが幅800mm〜1050mm、重さが15kg〜85kg。

 設計積算参考価格(税込み)は、2万8600円から3万1900円。

問い合わせ先:リョービ
電話:03-3927-5510
URL:https://www.ryobi-group.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

  • ダウンロードいただく資料(動画閲覧を含む)の著作権、および表現内容に関しての責任は資料提供企業、およびその協力者に属します。