専用カートリッジガンで目地を充填している様子(資料:アイカ工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 アイカ工業は、コンクリート床の誘発目地の割れや欠けを抑制するポリウレア樹脂製コンクリート床専用の目地シール材「ジョリエース目地シールドU」を2021年4月に発売した。

 コンクリートの構造物には、温度変化や乾燥収縮で発生するコンクリートの亀裂を指定した場所に発生させる誘発目地が設けられている。誘発目地の周辺はコンクリートの動きが集中するため、割れが生じやすい。床面ではフォークリフトの走行などで欠けが発生することもある。

 ジョリエース目地シールドUは、工場や倉庫などのコンクリート床専用の目地シール材だ。引っ張り強度や伸縮性などの高いポリウレア樹脂を使っており、目地に充填することで割れや欠けの発生を抑える。

 通行できるようになる開放可能時間は、気温23度で1時間程度。早期に開放できるので、工期を短縮しやすい。別売りの専用カートリッジガンを使えば、塗布前の攪拌(かくはん)は必要ない。

 設計価格(税別)は、1箱4万8000円。

問い合わせ先:アイカ工業
電話:0120-525-100
URL:http://www.aica.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード