ブラックウォルナットの施工例(資料:朝日ウッドテック)
ブラックウォルナットの施工例(資料:朝日ウッドテック)
[画像のクリックで拡大表示]
オークの施工例(資料:朝日ウッドテック)
オークの施工例(資料:朝日ウッドテック)
[画像のクリックで拡大表示]

 朝日ウッドテックは、無垢(むく)材の挽(ひ)き板を表面化粧材に使用した「挽き板ヘリンボーンフローリング」を2022年4月に発売した。

 へリンボーンとは、2種類の短い板を組み合わせて山形の形状を作っていくヨーロッパの伝統的な技法だ。挽き板ヘリンボーンフローリングは天然木からのこぎりで挽き出した2mm厚の無垢材挽き板を、表面材として合板の上に張っている。

 樹種はブラックウォルナットとオーク。天然木なので、節や濃淡など製品1枚ごとに色柄が異なる。見る角度や光を受ける向きによっても表情が変わる。

 寸法安定性に優れ、床暖房にも対応する。抗ウイルス性能や耐薬品性能なども備える。サイズは、幅90mm×長さ428.5mm×厚さ12mm。

 価格(税込み)は、1梱包40枚入りで、ブラックウォルナットが4万920円、オークが3万8390円。

問い合わせ先:朝日ウッドテック
電話:06-6245-9505
URL:https://www.woodtec.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

  • ダウンロードいただく資料(動画閲覧を含む)の著作権、および表現内容に関しての責任は資料提供企業、およびその協力者に属します。